新型コロナ『抗原検査キット』初承認で何が変わる?(20/05/13)

トピックス
1:名無しさん@お腹いっぱい2020.05.13(Wed)

新型コロナ『抗原検査キット』初承認で何が変わる?(20/05/13)

2:名無しさん@お腹いっぱい2020.05.13(Wed)

This movie

3:名無しさん@お腹いっぱい2020.05.13(Wed)

This is description

厚生労働省は13日、新型コロナウイルスへの感染を短時間で調べることができる『抗原検査キット』を初めて承認しました。今月は40万キット、来月以降は78万キット供給される予定で、当面はPCR検査と併用されます。

抗原検査は、ウイルスを形作るたんぱく質があるかどうかを調べるもので、10~30分程度で済みます。しかし、PCR検査より精度が低く感染している人でも陰性となるケースがあるといいます。それでも、PCR検査とは別の検査方法ができたことに期待の声が上がっています。
 感染症学が専門の大東文化大学・中島一敏教授:「抗原検査は、簡便で早く、医療の現場でできるということが大きなメリットで、早期の診断や感染者の隔離につながります。PCR検査に比べると、検査所までの運搬も不要で、高価な機械や高い技術もいらないので、検査待ちの人が多くなることで発生する医療現場への負担を解消することができます。ただ、検査対象者を増やすかは別の話で、無症状の人に拡大するというわけではなく、必要な人への検査を行う手段が増えたということです」

また、迅速な診断はクラスターの発生現場でも役立つと期待されています。
 沖縄県立中部病院感染症内科・椎木創一医師:「院内感染であったり、介護福祉施設の場合は、もともとクラスターの中に入る方が、免疫が落ちている方や、ご高齢の方とか非常に重篤になりやすいグループです。抗原検査をうまく使うことで、早く治療につなげられるメリットが大きい」

ただ、検体を取る方法はPCR検査と変わらず、感染のリスクもあります。
 KARADA内科クリニック・佐藤昭裕院長:「鼻に入れますので、その刺激で、くしゃみやせきをされる方が非常に多い。まだまだ医療防護具は足りていないので、その辺がしっかり充足しないと、検査を簡単にクリニックでやるわけにはいかないと思います」
厚生労働省も当面は、感染者の多い都道府県の帰国者・接触者外来などを中心に検査キットを配布するとしています。費用は公費負担となり、患者の自己負担はなしとする方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

4:名無しさん@お腹いっぱい2020.05.13(Wed)

>>3 おつおつ

5:名無しさん@お腹いっぱい2020.05.13(Wed)

>>3 ありがとう

6:名無しさん@お腹いっぱい2020.05.13(Wed)

>>3 おつかれ。いつもありがと

タイトルとURLをコピーしました