新型コロナは何度もかかる?「抗体減少」その意味は(2020年10月28日)

トピックス
1:名無しさん@お腹いっぱい2020.10.28(Wed)

新型コロナは何度もかかる?「抗体減少」その意味は(2020年10月28日)

2:名無しさん@お腹いっぱい2020.10.28(Wed)

This movie

3:名無しさん@お腹いっぱい2020.10.28(Wed)

This is description

イギリスの研究チームが新型コロナウイルスの抗体を持つ人の割合が数カ月で4分の1も減少したという結果を発表しました。この結果に専門家は、ある可能性を指摘しています。

 イギリス全土約36万人を調査したインペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは、新型コロナウイルスの抗体を持っている人の割合がわずか数カ月で1.6%、約4分の1減少していたと発表しました。特に75歳以上の高齢者のグループでは抗体が4割近く減っていたとし、“免疫が長続きしない”可能性を指摘。今回の結果を受け、専門家は新型コロナウイルスが何度もかかるタイプの感染症であるかもしれないと話します。
 現在、地域内でのロックダウンや制限措置が取られているヨーロッパ各国。第2波が猛威を振るう前に、社会全体の免疫が弱まっていた可能性もあります。
 一日の感染者が2万人を超えたイタリアではバーやレストランに対し営業制限を命じましたが、規制に反発する人たちが抗議デモを行い、警察と衝突。
 さらに、イギリスのウェールズではパンツ1枚でスーパーに乗り込む人が・・・。ウェールズ自治政府では食品以外の小売店の営業を禁止。つまり、衣類は「絶対に必要なもの」のなかには含まれていませんでした。「衣類も生活に必須」を訴える抗議でした。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

4:名無しさん@お腹いっぱい2020.10.28(Wed)

>>3 おつおつ

5:名無しさん@お腹いっぱい2020.10.28(Wed)

>>3 ありがとう

6:名無しさん@お腹いっぱい2020.10.28(Wed)

>>3 おつかれ。いつもありがと

タイトルとURLをコピーしました