新型コロナ、皮膚上でインフルより5倍長い9時間生存…エタノール消毒の重要性も実証 京都府立医科大(2020年10月6日)

トピックス
1:名無しさん@お腹いっぱい2020.10.07(Wed)

新型コロナ、皮膚上でインフルより5倍長い9時間生存…エタノール消毒の重要性も実証 京都府立医科大(2020年10月6日)

2:名無しさん@お腹いっぱい2020.10.07(Wed)

This movie

3:名無しさん@お腹いっぱい2020.10.07(Wed)

This is description

京都府立医科大学の研究チームは、
新型コロナウイルスが、インフルエンザウイルスに比べて
ヒトの皮膚上で長期間生存することを明らかにしたと発表しました。

こちらは
ヒトの皮膚表面でのウイルス量が時間とともにどう変化するかを示したグラフで、
赤が新型コロナウイルスを、青がインフルエンザA型ウイルスを表しています。
研究チームによりますと、
新型コロナウイルスは皮膚上で9時間程度生存することが明らかになり、
これはインフルエンザウイルスよりもおよそ5倍長いということです。

京都府立医科大・廣瀬亮平助教
「ウイルスが付いているものを手で触って、
その後喉や口や目の辺を触ると、それによって感染するので、
手の上で長生きをするということは、
そういう機会が増えてしまうということでいくと、
感染リスクが上がると考えたほうがいいのではないかと思っている。」

一方、研究チームは、
濃度80%のエタノールによる消毒効果についても評価を行いました。
それによれば、15秒間の消毒でウイルスが完全に不活化され、
「新型コロナウイルスに対する手指消毒の重要性を実証した」
としています。

京都府立医科大・廣瀬亮平助教
「エタノール消毒薬を使用すれば、
(ウイルスが皮膚上で)長生きするとはいえ、
過度に心配する必要はないのではないかと思っている。

ただ、長い時間生存するということは、裏を返すと、
やはり感染のきっかけが把握しづらい。

例えば手に1時間しか付いていないということであれば、
感染のきっかけ、他者に移すきっかけとかも認識できる可能性があるが、
やはり7,8,9時間と長い時間手に感染性のウイルスが残っていて、
どこを触ったかもわからないとか、どこからもらったかわからないという
状態になってしまう可能性がある。

最近、感染した人への風当たりが厳しい部分もあるが、
接触感染という観点から行くと、
なかなか個人の努力だけでは厳しいかなというところがあるので、
そこに関しては周りの方も優しい目で見てほしいと思う。」

※引用元
●論文:Clinical Infectious Diseases
Ryohei Hirose et al., (2020) Survival of SARS-CoV-2 and influenza virus on the human skin: Importance of hand hygiene in COVID-19
https://academic.oup.com/cid/advance-article/doi/10.1093/cid/ciaa1517/5917611

●プレスリリース:京都府立医科大のHP
ヒトの皮膚上に存在する新型コロナウイルスの生存期間を解明
https://www.kpu-m.ac.jp/doc/news/2020/files/25134.pdf

4:名無しさん@お腹いっぱい2020.10.07(Wed)

>>3 おつおつ

5:名無しさん@お腹いっぱい2020.10.07(Wed)

>>3 おつかれ。いつもありがと

6:名無しさん@お腹いっぱい2020.10.07(Wed)

>>3 ありがとう

タイトルとURLをコピーしました