コロナが国民食にも影響 肉不足なぜ!? アメリカ

トピックス
1:名無しさん@お腹いっぱい2020.05.16(Sat)

コロナが国民食にも影響 肉不足なぜ!? アメリカ

2:名無しさん@お腹いっぱい2020.05.16(Sat)

This movie

3:名無しさん@お腹いっぱい2020.05.16(Sat)

This is description

新型コロナウイルスの感染者数が、およそ142万人と、依然、世界最多のアメリカ。

中でも感染者数が多いニューヨーク州では、1日1万人を超えていた感染者数が、今では1,000人台になる日もあるなど、落ち着きを見せ始めている。

ニューヨーク市内のセントラルパークでは、3月下旬、病院のベッド不足対策として、急きょ建てられた野営病院である動きが。

棚は運び出され、テントの前には重機がスタンバイ。

5日に最後の患者が退院し、撤去。

医療体制にも改善の兆しが。

しかし、ここにきて新型コロナは、人々の生活に新たな影響を及ぼしていた。

買い物客は、「牛肉は、売り切れのものもいくつかあった」、「本当はこれじゃない肉が欲しかったのよ。でも品切れでこれしかなかったの」などと話した。

市内のスーパーへ行ってみると、供給の問題で、牛、豚、鶏肉、あわせて3パックまでと購入を制限。

売り場を見てみると、品薄なのか空になっているケースも目立つ。

なぜ、“肉不足”は起きたのか。

別のスーパー運営会社 精肉責任者 サマー・ラーマン氏は、「閉鎖された食肉工場がとても多かった」と話した。

19の州にある115の肉加工工場で、従業員およそ5,000人がコロナに感染。

100以上の工場が一時閉鎖に。

稼働している工場でもソーシャルディスタンスを保ちながらの作業のため、生産量が急激に落ち込んだ。

3月から外出制限が続くニューヨーク州。

15日、外出制限の期限を迎えるが、ニューヨーク市などの都市部では解除の基準を満たしておらず、今後も規制が続く。

それにもかかわらず街では…。

手にとっているのは、お酒。

道端でお酒を飲む人の姿があちらこちらに。

人だかりはここにも…。

お目当ては、テラス席に座っている大きなマスクをしたクマのぬいぐるみ。

店の人は、「このクマで、みんなにマスクをしてほしいと伝えたいんだ。街を守るベストな方法だよ」と話した。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

4:名無しさん@お腹いっぱい2020.05.16(Sat)

>>3 ありがとう

5:名無しさん@お腹いっぱい2020.05.16(Sat)

>>3 おつおつ

6:名無しさん@お腹いっぱい2020.05.16(Sat)

>>3 おつかれ。いつもありがと

タイトルとURLをコピーしました